FD-TD法による高損失誘電体負荷電子レンジの電磁界解析

岩渕 康司  窪田 哲男  柏 達也  田頭 博昭  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J78-C1   No.2   pp.65-72
発行日: 1995/02/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1893
論文種別: 論文
専門分野: 電磁界理論
キーワード: 
FD-TD法,  可変メッシュ,  電子レンジ,  水負荷,  温度分布,  

本文: PDF(576.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
電子レンジにおいて,比誘電率が80.4と食品の中では最も大きい部類に入る高損失誘電体水負荷内の3次元電磁界解析を行った例は少ない.本論文では3次元FD-TD(Finite-Difference Time-Domain)法を用いて,水負荷内の電磁界解析を行っている.高損失誘電体装荷方形導波管を用いた基礎検討で,Yee's cellピッチを誘電体内で短縮された波長の約1/10に設定したFD-TD計算結果は伝送理論にもとづく厳密解にほぼ一致することを確認した.この妥当性確認の後,導波管結合形電子レンジで,金属ターンテーブルの上に置いた水負荷内の電磁界を解析した.水負荷は直径64mm,高さ80mmの円柱状とした.その結果,ターンテーブルの加熱むら低減効果を視覚的および定量的に予測できるようになった.本解析においては,定常解は300周期で得られ,加熱パターンは100~200周期でほぼ一定になる.