FD-TD法における高次モードの評価について

兵藤 健一  佐々木 雅弘  柏 達也  田頭 博昭  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J78-C1   No.1   pp.29-35
発行日: 1995/01/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1893
論文種別: 論文
専門分野: 電磁界理論
キーワード: 
時間領域解析,  FD-TD法,  Prony法,  高次モード,  sパラメータ,  

本文: PDF(415KB)>>
論文を購入




あらまし: 
電磁界3次元時間領域解析手法であるFD-TD法の一つの特徴として,パルス応答波形をフーリエ変換することにより広帯域周波数特性が1回の計算で得られることが挙げられる.しかしながら,高次モードが生じる系では,この方法で周波数特性を求めることはできない.そのため,本論文では,この問題に対処するために新しい手法を提案する.この手法は,従来のフーリエ変換と信号処理で用いられるProny法で構成されている.本手法は,任意の数のモードを含んでいる系に適用できる.本論文では,一つの例として,本手法を不連続導波管問題に適用し,本手法の妥当性および有効性を示した.