開放円形2重モード誘電体共振器を用いた薄形フィルタ

石川 容平  日高 青路  伊勢 智之  松井 則文  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J78-C1   No.12   pp.687-694
発行日: 1995/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1893
論文種別: 論文
専門分野: マイクロ波,ミリ波
キーワード: 
マイクロ波,  誘電体共振器,  2重モード,  フィルタ,  

本文: PDF(527.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では移動体通信基地局用のフィルタとして開放円形2重モード誘電体共振器を用いた薄形フィルタを提案する.誘電体共振器の基本構造は両面に電極をつけた二つの誘電体円板を軸方向に重ね,一つの遮へい空胴に配置したものである.2重に縮退した基本モードは共に誘電体円板の軸方向に対して電界が平行となるので,共振周波数をあまり変えずに共振器の薄形化が可能となる.2重モード共振器の等価回路は電気長が2πのリング状の伝送線路として表現した.この共振回路を用いた多段フィルタの等価回路はチェビシェフ形フィルタ設計の手法が適用できる.中心周波数が985MHz,通過帯域幅が10MHz,段数が6段の帯域フィルタを試作した結果,特性はシミュレーション結果と良く一致した.中心周波数における挿入損は1.3dB,外形寸法は158×54×23.5mmであった.