セラミック基板を用いたBGS波共振子とその応用

諸角 和彦  門田 道雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J78-C1   No.11   pp.500-506
発行日: 1995/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1893
論文種別: 特集論文 (圧電デバイス論文特集)
専門分野: バルク波デバイス
キーワード: 
セラミック共振子,  BGS波,  端面反射共振子,  PZT,  トラップAFT,  VCO,  

本文: PDF(522.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
従来,民生市場において30~60MHz帯の周波数帯は,圧電形共振子では素子のサイズや周波数精度的に不向きな周波数帯であり,いまだに周波数調整の必要なLCが多く使用されている.筆者らは,この周波数帯において,圧電セラミック(PZT)を用いた共振子の検討を行い,温度特性の良好な(9ppm/℃),電気機械結合係数の大きい(k2=0.22)圧電セラミック(PZT)を用いて広帯域なBGS波端面反射共振子を開発・実用化した.この共振子をTV,VTRのVIF回路において,調整の必要なLCから無調整な共振子への置き換えとして,捕助トラップ用とAuto frequency tuning(AFT)用共振子として評価したところ,前者では従来のLCトラップよりも急しゅんで大きい減衰量の得られるトラップ特性を得,後者では従来のLCと同等のAFTの感度特性を得た.また電圧制御形発振回路(VCO)用として評価したところ3.7MHzと非常に広い周波数可変範囲が得られた.