周波数アジリティレーダにおけるドップラー処理

前田 誠一  末田 八郎  伊藤 敏晴  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J78-B2   No.8   pp.547-552
発行日: 1995/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 論文
専門分野: 宇宙・航行電子システム
キーワード: 
レーダ,  クラッタ,  MTI,  周波数アジリテイ,  

本文: PDF(411.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
レーダの送信周波数を超高速で変更できる周波数アジリティレーダでは,優れた対電子妨害性能が得られるだけでなく,反射断面積が揺らぐ目標の探知確率を向上できる等の効果が期待される.しかし,従来方式のレーダで,例えばパルスごとというように高速で周波数を変更すると,通常のドップラー処理が行えないという問題があった.本論文では,周波数アジリティレーダにドップラー処理機能を付与するため,1パルスでクラッタを抑圧した後,それで得た目標信号をパルス間でコヒーレントに積分する手法と,シミュレーションの結果について述べる.