自動従属監視(ADS)実験システムの開発と実験

石出 明
藤田 光紘
新美 賢治
 文孝
湯川 清志

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J78-B2    No.5    pp.366-373
発行日: 1995/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 特集論文 (航法と交通管制論文小特集)
専門分野: 
キーワード: 
航空管制,  ADS,  衛星通信,  データ伝送,  

本文: PDF(577.1KB)>>
論文を購入



あらまし: 
洋上管制において衛星データリンクを利用して航空機の位置を監視するための自動従属監視(ADS)システムを開発し,インマルサット衛星を用いた飛行実験により,その性能を検証した.実験システムは国際民間航空機関(ICAO)の国際標準案に適合するものである.飛行実験により,ADSデータの伝送の信頼性は高いが,通常の衛星回線条件において,Rチャネル伝送では約3.4秒,Tチャネルで約15.6秒の伝送遅延が生じる.衛星仰角が低いときは,上昇,下降,進路変更および巡航中の風の影響等による機体姿勢の変化により,衛星回線条件が悪くなり,伝送遅延の増加が発生する.Tチャネルの伝送遅延がRチャネルに比べ大きく,将来的に,航空機位置監視精度を更に高めるには,Tチャネル・プロトコルの改善等が必要である.