ミリ波レーダセンサによる交通監視システムへの応用

下井 信浩  中村 八束  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J78-B2   No.5   pp.350-357
発行日: 1995/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 特集論文 (航法と交通管制論文小特集)
専門分野: 
キーワード: 
リモートセンシング,  ミリ波レーダ,  赤外線センサ,  可視光線センサ,  

本文: PDF(656KB)>>
論文を購入




あらまし: 
現状の交通監視用センサには,赤外線画像装置および可視光画像装置等が存在する.しかし,これらのセンサによる監視は,いずれも高速道路のインターチェンジ周辺や一般道路の交差点付近に限られている.また,センサの特性から降雨や濃霧等による天候の影響を受けやすく,街路樹等に隠れた車両等の発見は困難である.本論文では,こうした問題を克服するための一手段として94GHz帯ミリ波レーダを使用することにより,天候・気象および昼夜の区別等による条件にも影響されることが少なく,街路樹等に車両が隠れていてもこれらを透過して発見が可能である交通監視システムのセンサについて述べる.また,提案する94GHz帯ミリ波レーダセンサは,無人による測定距離約1kmの範囲で交通監視を実施することが可能であり,現状のシステムとの共通使用により,監視能力を更に高めることができる.