キネマティックGPSにおけるアンビギュイティ高速解明法―整数制約条件に基づくアプローチ―

王 盾  森川 博之  水町 守志  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J78-B2   No.5   pp.306-316
発行日: 1995/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 特集論文 (航法と交通管制論文小特集)
専門分野: 
キーワード: 
航法,  測位,  キネマティックGPS,  アンビギュイティ,  

本文: PDF(737.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
キネマティックGPS (Kinematic GPS)とは,GPS衛星から送られてくる搬送波の位相を移動体が連続的にトラッキングすることにより,数cm程度の精度で測位を行う方式である.このような搬送波位相を利用する移動体側位方式においては,位相測定値における整数波長分の不確定な位相バイアス(アンビギュイティ)を移動しながら高速に決定できる処理が望まれている.本論文では,観測点・衛星間の幾何学的位置関係とアンビギュイティとの間に整数制約関係があることを明らかにし,すなわち,この整数制約関係を利用するアンビギュイティ高速解明手法を示す.測定値に内在される時間的冗長性に着目し,時間平滑化処理を行うことでアンビギュイティ解明を高速に行う手法を示す.