管制警報システムにおける管制用データテーブル

三浦 昭  森川 博之  水町 守志  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J78-B2   No.4   pp.240-249
発行日: 1995/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 論文
専門分野: 衛星通信
キーワード: 
航行管理,  飛行計画,  位置予測,  管制警報,  

本文: PDF(801.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
管制警報システムは,航空交通管制において航空機の衝突の危険を検出して警報を発するものである.本論文では,将来的に衝突回避指示を生成することを予定して作成した管制警報システムについて,システムの効率を高めるための管制用データテーブルの構成とその有効性を示す.管制用データテーブルは,航空路データと航空機データを中心にして構成される.当データテーブル中では,航空機は航空路単位に管理され,各々のデータおよびデータ間(航空機間,航空機-航空路間等)の関係は実時間で動的に更新されてゆく.その結果として,(1)航空機と航空路との関係が即座に把握できるようになり,航空機の進路予測機能が向上する.また,(2)異常接近の検出候補となる航空機対の選定の際にも,同一航空路上の航空機の前後関係および隣接する航空路上の航空機の相対関係が速やかに把握できるようになるため,異常接近検出の処理効率を向上させることができる.以上の(1),(2)について,計算機上のシミュレーションによりその効果を確認した.