準ミリ波帯降雨減衰特性に関する一考察

眞部 利裕  吉田 彰顕  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J78-B2   No.1   pp.11-20
発行日: 1995/01/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 論文
専門分野: 無線通信
キーワード: 
準ミリ波,  加入者無線,  降雨減衰,  Outage-free,  

本文: PDF(722KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文は,準ミリ波帯の降雨減衰特性を明らかにすると共に,降雨断のない準ミリ波帯無線回線の実現を目的とする.東京において2.8kmの区間に降雨マージンの異なる4種類の26GHz帯回線を設置し,伝送実験を行った結果,降雨による誤り発生時間は降雨マージンの増加につれ急激に減少し,2.8kmの区間では60dBの降雨マージンをもつ無線回線はエラーフリーな回線になる可能性が強いことを明らかにした.この理由を考察するため,降雨減衰量分布を15,18,20,26GHzの4種類の周波数,区間距離0.75,2.8,6,9kmの4区間で0.1秒の時間分解能で連続測定した結果,すべての周波数,すべての区間で降雨減衰量分布が飽和する傾向を観測した.これにより,降雨断のない無線回線の実現性を明らかにした.