干渉波抑圧性能の入射方向依存性を最小化するMSLCの補助アンテナ配置法

平田 和史  桐本 哲郎  立花 康夫  真野 清司  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J78-B2   No.11   pp.708-716
発行日: 1995/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 論文
専門分野: 電磁環境
キーワード: 
サイドローブキャンセラ,  アダプティブアンテナ,  レーダ,  補助アンテナ配置,  

本文: PDF(542.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
複雑化する電波環境に対応して,複数の干渉波が入射する場合にも,それを抑圧するMSLC(Multiple Side Lobe Canceller)の必要性が高まっている.MSLCでは,補助アンテナの配置によって,抑圧性能が著しく劣化する干渉波の入射方向が存在する.本論文では,複数の干渉波の入射方向により抑圧性能が劣化する問題を,補助アンテナを二つ備えたMSLCで干渉波2波を抑圧する場合について検討し,各々の干渉波に対する補助アンテナ間の受信位相差と抑圧性能の関係を明らかにした.更に,この結果に基づいて,抑圧性能劣化を最小化する補助アンテナ配置法を示した.この方法で得られた補助アンテナ配置によって,抑圧性能劣化を改善できることを数値計算によって示した.