ベクトル化によるトラヒックシミュレーションの高速化

田中 良明  清水 修  小島 章裕  友近 剛史  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J78-B1   No.5   pp.224-231
発行日: 1995/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 論文
専門分野: 通信網,通信サービス
キーワード: 
シミュレーション,  スーパコンピュータ,  ベクトル演算,  トラヒック,  離散的,  

本文: PDF(521.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
シミュレーションと言えばスーパコンピュータと言われるほど,スーパコンピュータはいろいろな研究機関に普及し,また,その性能は年々向上している.しかしながら,従来のトラヒックシミュレーションでは,ベクトル計算がほとんどないので,スーパコンピュータを用いても速度向上は望めなかった.本論文では,トラヒックシミュレーションにおいてスーパコンピュータを有効利用することを目的として,単位時間ごとにシミュレーションクロックを進め,呼の生起状況やリンクの使用状況等を行列やベクトルとして考えるベクトル化シミュレーションの方法を提案している.実際に,回線交換網とパケット交換網において,それぞれあるシミュレーションモデルを取り上げ,それらに対してベクトル化シミュレーションを行い,計算時間と呼損率又は待ち率について従来方式と比較・評価している.その結果,ある程度の誤差の範囲内で実行速度が大幅に向上し,提案するベクトル化シミュレーションは有効な方法であることを明らかにした.