変調切換2段PWM正弦波インバータと周波数スペクトル

有本 秀樹  梅田 久一  山内 雪路  角 修吉  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J78-B1   No.3   pp.157-163
発行日: 1995/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 論文
専門分野: 電子通信用電源
キーワード: 
PWM,  正弦波インバータ,  2重フーリエ級数展開,  周波数スペクトル,  パワーエレクトロニクス,  

本文: PDF(419.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
インバータにおけるパルス幅変調(PWM)はパワーエレクトロニクスの中でも非常に重要な技術である.PWM方式インバータで問題になるのが,スイッチングを行うことから生じる特有の不要調波の存在である.本論文では,この不要調波成分を低減させる手段の一つとして,参照正弦波信号の頂点などの位置で,変調方法を切り換える変調切換方式を提案する.このときのPWM波形列を2重フーリエ級数展開による理論解析,ならびに,コンピュータによるシミュレーション解析等によって検討し,本方式が不要調波の低減に有効な手段であることを示す.次に,周波数スペクトル分布が更に良好となる変調切換2段PWM正弦波インバータの特性を明らかにする.