需要分散に対応し得る光ファイバケーブル増設法の検討

森田 英世  辻野 雅之  池内 哲之  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J78-B1   No.12   pp.818-824
発行日: 1995/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 論文
専門分野: 通信網,通信サービス
キーワード: 
アクセス網,  光ファイバ増設法,  共通線,  シミュレーション,  信頼性,  経済性,  

本文: PDF(454.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
情報インフラストラクチャの整備に向けた光アクセス網の構築が必要とされている.光ファイバ導入初期においては需要発生の分散が大きいため,それに対応した光ファイバケーブルの増設法が必須である.本論文では,従来の増設法で用いられている固定局線(あるエリア専用に割り当てられた通信線)と共通線(複数エリアで共用する通信線)の概念をベースとし,需要分散が大きい条件下で固定局線と共通線の増設パラメータの決定法を明らかにした.まず,固定局線増設パラメータに対して所要の信頼性を満足する共通線増設量の算出法を導いた.つぎに,共通線と固定局線の両設備の増設を行うシミュレータを開発し,固定局線増設パラメータを与えたときの総コストを求めることを可能とした.上記の手順により,需要の平均,標準偏差をパラメータとしたときの最適な固定局線と共通線の増設量の変化を明らかにした.更に,本評価法で導かれた増設法が従来の増設法に比べ経済的な設計となることを明らかにした.