ニューラルネットワークを用いた系統連系インバータの出力電圧制御法

田爪 國利  青木 忠一  鍬田 豊  野崎 洋介  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J78-B1   No.11   pp.635-641
発行日: 1995/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 特集論文 (電子通信用電源の力率改善・高調波抑制技術論文小特集)
専門分野: 
キーワード: 
系統連系,  インバータ,  ニューラルネットワーク,  高調波,  

本文: PDF(409.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
太陽電池や燃料電池を商用系統と連系するための系統連系インバータにおいて,発電電力を有効に利用するためには,インバータから出力される高調波電流を抑制し,無効電流による損失を低減することが重要である.インバータからの高調波電流を抑制するには,商用系統の高調波成分と等しい高調波電圧をインバータの出力に発生させる必要がある.本論文では,簡単にモデル化した高調波成分を含む商用系統のデータをニューラルネットワークにオフライン学習させ,インバータの出力電圧制御に用いることにより,十分な高調波電流抑制効果が得られること,任意の高調波成分を有する商用系統に適応可能であることをシミュレーションと実験により示している.