力率改善形コンバータにおける電解コンデンサのリプル電流解析

庄山 正仁  倉地 敏明  二宮 保  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J78-B1   No.11   pp.614-620
発行日: 1995/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 特集論文 (電子通信用電源の力率改善・高調波抑制技術論文小特集)
専門分野: 
キーワード: 
力率改善形コンバータ,  電解コンデンサ,  リプル電流,  昇圧形コンバータ,  高調波抑制,  

本文: PDF(381KB)>>
論文を購入




あらまし: 
力率改善形コンバータの出力端子間には,通常,大容量の電解コンデンサが用いられており,高周波スイッチングによるリプル電圧の低減と同時に低周波リプル電圧の低減も行っている.この場合,電解コンデンサにリプル電流が流れることにより,その等価直列抵抗において電力損失を生じ,素子温度を上昇させ,ひいては素子の寿命を短くしかねない.従って,この電解コンデンサを流れるリプル電流の実効値を正確に見積もることは,電解コンデンサの選定を的確に行い,期待寿命を確保するうえで非常に重要である.本論文では昇圧形の力率改善形コンバータを例にとり,出力端子間に用いられる電解コンデンサのリプル電流について詳細な解析を行った.具体的にはリプル電流を低周波成分と高周波成分に分け,それぞれの周波数成分におけるリプル電流の実効値を導出した.また,解析の妥当性を実験により確認した.