150ch AM/QAMハイブリッド信号の128光分配システムの開発

布施 優  工藤 義春  前田 和貴  雄谷 順  石野 正人  藤戸 克行  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J78-B1   No.10   pp.553-562
発行日: 1995/10/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 論文
専門分野: 光通信方式
キーワード: 
FTTC,  アナログSCM,  DFB-LD,  光ファイバ増幅器,  

本文: PDF(612.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
既存サービスをカバーするAM映像信号60 chと新規サービスに対応したディジタル変調信号(16QAM信号)90キャリヤによる150 chハイブリッド信号を,光のまま128分配し,FTTC(Fiber To The Curb)構成によって約3万加入者規模のCATV網を実現する光分配システムを開発した.この実現に当って,システム設計上の重要項目を検討し明らかにするとともに,低ひずみ・低チャープ特性に優れた歪MQW構造の1.55 μm帯DFB-LDの開発と,光ファイバ増幅器の無ひずみ動作条件の明確化を行った.システム仕様を満足させるために,信号光波長を1,561 nmに選定し,入力信号光電力6 dBmの条件下で光ファイバ増幅器を動作させ,これを2段縦続接続する構成とした.また,本システムの性能を確認するため伝送実験を行い,その結果を示した.最後に,本システムの光分配数増大の可能性についても述べた.