パーソナル無線データ通信のためのプロトコルおよびネットワーク制御技術

中久喜 一雄  栗林 伸一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J78-B1   No.10   pp.463-470
発行日: 1995/10/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 特集論文 (無線ネットワークの性能評価論文小特集)
専門分野: 
キーワード: 
パーソナル無線データ通信,  パーソナル通信,  無線データ通信,  無線パケット通信,  UPT,  

本文: PDF(538.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
情報社会の進展に伴い,パーソナル通信サービスの実現が期待されている.その先駆けとして,音声通信を対象としたパーソナルハンディホンシステム(PHS)の商用サービスが1995年7月より開始された.一方,データ通信に対する要望も強く,その実現法を早急に確立する必要がある.本論文では,パーソナル無線データ通信を経済的に提供するためのプロトコルおよびネットワーク制御技術について検討し,以下の諸点を明らかにしている.
(1)音声との設備共用を図るため,無線基地局-網間はIインタフェースとし,また,認証もアウトチャネル(Q.931)で行うことが望ましい.
(2)パーソナル無線パケット通信サービス導入後には,位置登録は音声端末も含めパケットで転送することが有利となる.
(3)経済性と汎用性を両立させるため,基本呼に対しては,着交換ノードでのサービス制御ノードアクセスを不要とする方式を採用する.
(4)パーソナル無線パケット通信サービス導入時には,転送モード等の端末情報をサービス制御ノードに設定し,むだな接続処理を防ぐ.