衛星通信ネットワークにおける多元接続方式の基礎的性質

小野里 好邦
斉藤 美貴
照屋 健

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J78-B1    No.10    pp.438-443
発行日: 1995/10/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 特集論文 (無線ネットワークの性能評価論文小特集)
専門分野: 
キーワード: 
衛星通信,  多元接続,  安定性,  インスタンス,  

本文: PDF(424.1KB)>>
論文を購入



あらまし: 
ディジタル衛星通信時代における多元接続方式では,各ユーザのもつ多元性と衛星通信路全体としての統合を調和的に実現することが要求される.スロット付アロハ方式は基本的なランダムアクセス方式であり,時間軸をスロット化し,スロットに従って各地球局はランダムにパケットを送出する.本論文では,まずスロット付アロハ方式の安定条件より,その利用限界を示す.これは,ランダムアクセス方式の基本的な形態における利用可能範囲を与えている.つぎに,ユーザの多様な要求に適合した多元接続が可能なインスタンス競合割当て方式について概説する.これは,ユーザの多様な要求に応えながら同時に衛星通信路としての基本的な要求も満たすことができる方式である.