エキスパート知識を用いた指数分布の信頼度関数表現

篠原 康秀
堀籠 教夫

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J78-A    No.8    pp.1016-1022
発行日: 1995/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: 信頼性,保全性
キーワード: 
エキスパート知識,  ベイズの定理,  信頼度関数,  決定者モデル,  

本文: PDF(457.4KB)>>
論文を購入



あらまし: 
最近巨大システムや特殊使用のアイテム等のように高価格のため,寿命試験等が不可能なものがある.このようなアイテムに対してその方面のエキスパートの経験や知識が極めて重要になる.ここではエキスパートのもつ知識等を用いて信頼度関数を表現する手法について新しく考察する.ここでは信頼度関数を指数分布とし,そのパラメータ,つまり故障率λは不明確であるとする.まず決定者がエキスパートから意見や知識等を聞き取り,それらをまとめて不明なものに関する分布を平均μと分散σ2をもつ正規分布で表現した決定者モデルの構成法を明らかにする.次に,そのアイテムの故障データが与えられたとき,ベイズの定理を通して決定者モデルを事前分布とみなしそのモデルを更新する場合について考察する.最後に本提案が有効であることを数値解析結果から例証する.