分散演算を用いた制御向き状態空間ディジタルフィルタの高性能VLSIアーキテクチャ

恒川 佳隆  三浦 守  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J78-A   No.3   pp.357-364
発行日: 1995/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: ディジタル信号処理
キーワード: 
状態空間ディジタルフィルタ,  高精度,  分散演算,  高性能VLSIアーキテクチャ,  

本文: PDF(506.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,状態方程式で記述されるディジタルフィルタを状態空間ディジタルフィルタ(SSDF)と呼び,これまでの1入力1出力の狭義のディジタルフィルタばかりでなく,カルマンフィルタ,オブザーバ,レギュレータなどを含む広義のディジタルフィルタとして扱う.我々はこれまでに,滞在時間を減少した上で,高い処理速度をもつ多入力多出力SSDF用VLSI向きアーキテクチャを提案してきた.本論文では,より高速化とハードウェア量の減少を目的として,SSDFの高精度性に着目して処理時間が語長のみに依存する分散演算を先のアーキテクチャに適用した高性能VLSIアーキテクチャを提案する.また,処理要素の構成法として,関数用メモリを多重化してパイプライン処理を行うメモリ多重化パイプライン法を新たに提案する.そして,その性能評価を行う.その結果,従来の実現法では得ることのできなかった,フィルタの次数および入出力数の大きさに無関係に高速な処理が実現可能となることを明らかにした.