虚軸上に伝送零点をもつ複素係数参照回路

山崎 理  高橋 進一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J78-A   No.3   pp.332-340
発行日: 1995/03/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: ディジタル信号処理
キーワード: 
複素係数ウェーブディジタルフィルタ,  虚数抵抗,  虚軸上の伝送零点,  複素リアクタンス回路,  

本文: PDF(562.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では虚軸上に伝送零点をもつ複素係数伝達関数を,虚数抵抗を含む両側抵抗終端されたリアクタンス回路で実現する方法を提案する.これを複素ウェーブディジタルフィルタの参照回路として用いれば,実用上重要な虚軸上に伝送零点をもつ複素ディジタルフィルタが容易に実現される.ここでは,BelevitchによるBruneの構成法を変型した方法,ならびに森本らが提案した拡張藤沢の方法を改良し,その実現可能条件を緩和する.更に本文では,いくつかの構成例を示し,それぞれの構成法の特徴を比較・検討する.