Dolph-Chebyshev空間フィルタを用いた複数帯域分割による広帯域ビーム形成法

谷口 哲樹  西川 清  天野 真樹  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J78-A    No.12    pp.1576-1584
発行日: 1995/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: ディジタル信号処理
キーワード: 
広帯域ビーム形成,  帯域分割,  ファンフィルタ,  空間フィルタ,  Dolph-Chebyshev特性,  空間間引き,  

本文: PDF(575.9KB)>>
論文を購入



あらまし: 
本論文は帯域を複数に分割し,各帯域に1次元の空間フィルタを用いてくさび形過渡域のファンフィルタを近似することで効果的に広帯域ビーム形成を行う方法を与える.ファンフィルタの伝達関数は個々の空間フィルタと分割用時間フィルタの伝達関数の積和として表されるので,本方法によるビーム形成器の構成は非常に簡単なものとなる.本論文では比較的狭角度のビームの形成を扱うので,空間フィルタと分割用時間フィルタに三角形状の振幅特性を用いて,通過域で一定振幅をもたないファンフィルタの近似を行う.実際には,空間フィルタはDolph-Chebyshev特性とし,時間フィルタはParks & McClellanの方法で設計した.低域では,センサ位置の間引きと空間フィルタの低次数実現を行い,構成の簡単化を図っている.4分割の例を考えて,本方法の有効性を確認している.