低次元分解に基づく分母分離形2次元状態空間ディジタルフィルタのシストリックアレー実現

恒川 佳隆  三浦 守  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J78-A   No.11   pp.1410-1418
発行日: 1995/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: ディジタル信号処理
キーワード: 
低次元分解,  分母分離形,  ブロック処理,  2次元状態空間ディジタルフィルタ,  シストリックアレー実現,  

本文: PDF(484.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
最近の集積回路技術とディジタル通信網の発達に伴い,高精細画像の効率的かつ高品質な変換,伝送,符号化の要求が高まっている.それに伴い,2次元ディジタルフィルタの効率的な並列処理アルゴリズムに基づいた高並列2次元ディジタルフィルタリングシステムの構築が必要不可欠である.本論文では,分母分離形を更に低次元分解を用いてブロック処理を行った2次元状態空間ディジタルフィルタのシストリックアレー実現を提案する.そこで,まず低次元分解を用いた2次元状態空間ディジタルフィルタについて述べる.次に,これに基づいてブロック処理を行った2次元ブロック状態方程式を導出し,その性質を明らかにする.その結果,低次元分解がシストリックアレー実現に適合していることを明らかにする.次に,導出された状態方程式に対するシストリックアレー実現を提案し,性能評価を行う.その結果,本実現法を用いることによって,極めて高いスループットが実現でき,しかも従来の構成法に比べて大幅な処理要素数の低減が可能となることを明らかにする.