部分行列評価に基づく全解探索のための効率化手法

木下 英俊  浅井 秀樹  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J78-A   No.10   pp.1326-1334
発行日: 1995/10/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: 非線形問題
キーワード: 
全解探索,  区分線形方程式,  区分線形抵抗回路網,  部分行列評価,  

本文: PDF(509.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
区分線形化手法に基づく全解探索は最も堅実な非線形解法の一つであり,局所収束問題を伴わない.その一方,小規模な問題に対しても膨大な数の領域探索を必要とする.本論文では,バイポーラ回路網の解析に限定した効率的な全解探索手法を提案する.各変数の取り得る値の幅と方程式の線形性より,複数からなる変数の部分集合ごとに解の存在可能性を評価することで解候補領域の絞り込みを行う.また,着目する部分行列とそのサイズを変化させていき,一度に多くの線形領域をテストすることで解探索の効率化を行う.回路の信号伝搬に方向性がある場合,部分回路の独立性が高い場合,本手法は特に有効に働く.最後に実際の計算例を示すことで本手法の有効性を示す.