時間領域における多チャネル適応IIRディジタルフィルタの一設計法

曹 建庭  谷萩 隆嗣  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J78-A   No.10   pp.1306-1315
発行日: 1995/10/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: ディジタル信号処理
キーワード: 
多チャネル通信会議システム,  多入力フィルタ,  適応IIRフィルタ,  カルマンフィルタ,  音響エコーキャンセラ,  高速アルゴリズム,  

本文: PDF(496.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
マルチメディア技術の発展と共に,通信会議システムは今後一層重要性を増してくると考えられるが,現時点では話質を向上することが強く望まれている.従来の方法として,入力信号の有色性に弱い学習同定法等の方法に対して,カルマンフィルタを使用した推定アルゴリズムがよく知られている.しかし,音響エコーキャンセラなどでは,推定すべきパラメータ数が数千にも及び,最適解を求めるために膨大な演算量が必要となる.本論文では,パラメータ数が多く,リアルタイム処理が必要な音響エコーキャンセラのような多入力1出力適応ディジタルフィルタとして,カルマンフィルタを用いた多チャネル適応IIRディジタルフィルタの設計方法を提案する.また,各チャネルで低次のIIRディジタルフィルタを使用して,それらを並列接続させた処理方法を導入する.更に,高速アルゴリズムを利用すれば,カルマンフィルタの演算量を大幅に減少させることができることを示す.