地形適応型歩行動作生成手法を用いた人物の歩行アニメーション

筒口   境野 英朋  渡部 保日児  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J77-D2   No.8   pp.1663-1670
発行日: 1994/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 特集論文 (マルチモーダルインタフェースと要素技術論文特集)
専門分野: VR,CG
キーワード: 
コンピュータアニメーション,  環境適応型歩行動作,  EAW,  E-KLAW,  動力学,  運動学,  ユーザインタフェース,  

本文: PDF(502.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,与えられた地形に設定されたパスに沿った人物像の歩行動作を自動的に生成する手法について述べる.本手法を用いたEAW(Environment Adaptive human Walking,環境適応型歩行動作)モジュールは,人物像の歩行動作と仮想環境との融合を可能とするインタフェースを提供する.EAWモジュールはGUI,コントロール,動作生成,レンダリングの4層構造をとっており,コントロール層における歩行パスに対する「エリア分割」と「ステップ分割」によって3次元地形への適応を行い,動作生成層において動力学と運動学を融合させたE-KLAW法により歩行動作を生成している.EAWモジュールを用いたアニメーションシステムにより従来の歩行動作生成過程におけるユーザの負担が軽減され,またCADなどにより設計された景観,室内空間等の仮想環境と人物像とを融合させることが可能となる.