複数のモデル画像による顔の動き推定

塚本 明利  李 七雨  辻 三郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J77-D2    No.8    pp.1582-1590
発行日: 1994/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 特集論文 (マルチモーダルインタフェースと要素技術論文特集)
専門分野: 顔画像認識
キーワード: 
顔画像認識,  動作理解,  パターンマッチング,  コンピュータグラフィックス,  

本文: PDF(823.4KB)>>
論文を購入



あらまし: 
メモリ空間上に登録された多数のモデル画像との単純な相関演算に基づく顔の動き推定法を提案する.モデル画像は入力画像から獲得されたさまざまな方向を向く顔の画像であり,本手法は顔画像とモデル画像との相違度が顔の向きに従って単調増加する性質を利用している.新しいモデル画像を獲得するため,現在参照中のモデル画像はあらかじめ用意された顔の3次元グラフィックモデルにマッピングされ,この3次元モデルの向きや大きさを変えることにより,暫定モデル画像を作成する.向きや大きさの変わった顔の新しいモデル画像は,この暫定モデル画像との相関演算により獲得する.また,最初のモデル画像として用いられる正面顔画像は,多数のサンプル顔画像より求められた輝度およびエッジ強度の定性的特徴を用い,ブロックマッチングの手法により探索する.獲得されたモデル画像はその顔の向き,および探索可能な顔の向きの変動許容範囲が評価され,その結果に基づいて入力画像中の顔の向きが推定される.また入力画像における顔の探索に用いるモデル画像の選択や有効なモデル画像の獲得,ならびに冗長なモデル画像の削除が行われる.最後に,実画像を利用した正面顔の探索および顔の動き推定の実験結果を示し,本手法の有効性を確認する.