仮想現実世界構築のための指の動きの検出法

中嶋 正之
柴 広有

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J77-D2    No.8    pp.1562-1570
発行日: 1994/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 特集論文 (マルチモーダルインタフェースと要素技術論文特集)
専門分野: ジェスチャ処理
キーワード: 
画像処理,  3次元運動認識,  モデルマッチング,  ヒューマンインタフェース,  

本文: PDF(614.5KB)>>
論文を購入



あらまし: 
仮想現実世界を構築するための新しいヒューマンインタフェースとして,人の動作を手軽に直接入力する研究が行われている.なかでも機器を装着しないで画像処理技術だけを使用する方法は,人に優しいインタフェースという点において関心が高く,多くの方法が報告されている.一方,一見複雑な動きをする各指の3次元形状を,少ない情報を用いて認識,検出することは容易なことではない.しかし実時間でかつインタラクティブな処理が可能なインタフェースの実現のためには,不可避な問題である.本論文では画像処理技術だけを使用して指の動きを追跡,検出する方法を提案している.使用するのは色テープのマーカと単眼カメラである.まず単眼カメラで撮影した時系列画像から指先に張ったマーカ部分を抽出する.次に抽出されたデータと指に関する初期知識を用いて指の各関節の角度を算出し,あらかじめコンピュータ内に構築しておいたモデルとのマッチングを行い,ディスプレイ上に表示する.この方法は6箇所の2次元座標だけを画像から抽出し,そのデータと初期知識を使用して,4本の指の3次元運動認識を可能にしている点が特徴である.