弱一様乱反射仮定による一般化円筒(SHGC)の形状および姿勢の決定

中村 恭之  浅田 稔  白井 良明  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J77-D2   No.7   pp.1226-1235
発行日: 1994/07/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 画像・パターン処理
キーワード: 
弱一様乱反射仮定,  一般化円筒(SHGC),  形状姿勢決定,  

本文: PDF(688.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,弱一様乱反射仮定に基づく定性的な拘束を用いた,一般化円筒の姿勢と形状の定量的な復元手法について述べる.弱一様乱反射仮定は,厳密な完全乱反射モデルを一般化させたもので,本手法では,光源や表面反射係数に関する知識を必要としない.まずはじめに,一般化円筒の軸の画像上での位置を求める.次に,一般化円筒表面上の掃引関数の極大点に相当する緯線上の明度分布に弱一様乱反射仮定を適用し,一般化円筒の姿勢を復元する.最後に,他の緯線上の明度分布にも,弱一様乱反射仮定を適用することにより,一般化円筒の軸の3次元空間内での位置を求める.本手法の有効性を示すために,合成画像と実画像に対する実験結果を示す.