放送型通信網における因果順序制御プロトコルの評価

藤井 章博  根元 義章  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J77-D1   No.11   pp.759-766
発行日: 1994/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1915
論文種別: 論文
専門分野: ネットワーク
キーワード: 
マルチキャスト,  因果順序関係,  非FIFO通信網,  選択再送制御,  

本文: PDF(534.6KB)>>
論文を購入




あらまし: 
分散システムにおいて,三つ以上の通信主体が通信に関与する多地点間通信の実現が重要である.この場合,通信されるメッセージの間の因果順序関係が保証されることが重要である.本論文では,情報の紛失や送信後の順序関係の破壊の可能性のある通信網を想定する.これを特に「非FIFO通信網」と呼ぶ.本論文の目的は,非FIFO通信網上で因果順序関係制御に必要な時間的コストを考察することである.まず,仮定する非FIFO通信網を述べ,達成すべき因果順序関係制御の内容を明示する.次に,開発した多地点間因果順序通信プロトコルを説明し,その実装方式を述べる.その上で,因果順序関係を保証する多地点間通信を実施する際の実験的評価結果を述べる.また,待ち行列理論に基づき,この時間的コストを近似的に示す指数を導入し実験値との比較を行う.評価結果から,因果順序関係の実現には放送順序関係の実現より時間コストが多くかかることが定量的に明らかになった.また,導入した近似値は,因果順序関係に必要な時間的コストに対して良い近似を与えることがわかった.