パデ近似演算子を用いたFFT形ビーム伝搬法

山内 潤治  柴山 純  中野 久松  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J77-C1   No.9   pp.490-495
発行日: 1994/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1893
論文種別: 論文
専門分野: 光エレクトロニクス
キーワード: 
ビーム伝搬法,  パデ近似,  

本文: PDF(379.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
高速フーリエ変換を用いたビーム伝搬法(FFT-BPM)に(1,1)次のパデ近似演算子を適用している.まず,パデ演算子を用いたFFT-BPMの計算式を導出し,従来の近軸演算子,広角演算子との関係を述べる.次に,ステップインデックス形直線導波路において,基本モードの伝搬誤差をモード不整合損で評価する.横方向のきざみ幅を小さくしても,広角演算子とは異なり,パデ演算子が損失性をもたないことを実証する.更に,横方向伝搬波数の無視できない例として,傾斜した導波路の基本モード伝搬問題を検討する.パデ演算子では,傾斜角が25度程度まで,広角演算子と同程度の精度を維持することを明らかにする.