プリント化2アームスパイラルアンテナの90GHz帯における設計・試作結果

福富 俊幸  川崎 繁男  伊藤 聡  安岡 義純  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J77-C1   No.11   pp.599-606
発行日: 1994/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1893
論文種別: 特集論文 (ミリ波技術とその応用論文小特集)
専門分野: 
キーワード: 
ミリ波,  94GHz,  スパイラルアンテナ,  

本文: PDF(508.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
近年,移動体通信等のため,ミリ波帯の研究が盛んになってきている.この高周波キャリヤの特徴に加え,通信回路やアンテナを広帯域化することによって更に大容量無線通信が可能となる.本論文は大容量通信可能なモノリシック小形軽量送受信機に必要な,高周波・広帯域用プリントアンテナについて記述している.広帯域用アンテナとして2アームスパイラルアンテナを90GHz帯で動作するよう設計・試作し,89GHzから99GHzにおいてアンテナパターン,反射損等の特性を計測した.これらに加え,任意形状の線状アンテナに対するHallen形の積分方程式をモーメント法を用いて数値解析し,アンテナパターンによる理論と実測の差異を検証した.両者の一致は良好であり,今後モノリシック回路と平面アンテナとを組み合わせた広帯域のアクティブ集積アンテナを実現するための基本的データを蓄積することができた.