NRDガイドを用いた60GHz帯FMガン発振器

黒木 太司  馬場 潤寧  古屋 浩  米山 務  

誌名
電子情報通信学会論文誌 C   Vol.J77-C1   No.11   pp.592-598
発行日: 1994/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1893
論文種別: 特集論文 (ミリ波技術とその応用論文小特集)
専門分野: 
キーワード: 
NRDガイド,  ガン発振器,  サーキュレータ,  周波数変調器,  ミリ波集積回路,  

本文: PDF(449.7KB)>>
論文を購入




あらまし: 
最近我が国で注目されている60GHz帯において,NRDガイドを用いサーキュレータ内蔵FMガン発振器を開発している.60GHz帯NRDガイドガン発振器の試作では,径の大きな市販のガンダイオードパッケージに換えて,径1.2mmの小形パッケージに封入されたガンダイオードを特別に製作し,使用した.発振器の出力は130mW以上と実用上十分な値であった.発振器を反射波から保護するためのNRDガイドサーキュレータを試作したが,NiZnフェライトを用いることで,従来のマイクロストリップ線路サーキュレータと比べて,特性が大幅に改善された.また,ビームリードバラクタダイオードを用いた周波数変調器を設計,試作した.特に注意した点は,構造の簡便さと変調感度の向上である.これらをもとにFMガン発振器を試作したが,バラクタダイオードへのバイアス電圧15Vに対し,260MHzの周波数変調幅が得られた.このサーキュレータ内蔵FMガン発振器は3cm×3.5cmのコンパクトなハウジングに収納できた.