水平方向に高さが不均一な2n乗Nプロファイルダクト内伝搬の結合モード解析

川口 順也  岡 栄一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J77-B2   No.9   pp.467-478
発行日: 1994/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 論文
専門分野: アンテナ,伝搬
キーワード: 
伝搬,  ダクト,  対流圏,  不均一,  結合係数,  

本文: PDF(846.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
結合モード解析を用いて水平方向に不均一な逆転大気層が与える電波の伝搬への影響を理論的に解析した.逆転大気モデルとしては高さに対して2n乗特性をもつNプロファイル大気が標準大気下に存在し,最下層で再び線形分布を示すような接地型ダクトを採用した.距離方向に対しては最下層の深さが距離とともに緩やかに増減するものとした.距離に対して連続的に変化する不均一大気をステップ状の変化に置き換える段階近似の方法を用い,互いに隣接する大気間の結合係数の計算例を示した.結合モードはトラッピングモード直前に最大となり,しかも大きな次数nほどモード変換は顕著となる.また,距離方向に均一,不均一,均一からなる不均一ダクト内での伝搬特性の空間分布を示した.その結果,距離と共に増減するダクト高によって受信電界の変動は大きく異なり,次数nの影響も極めて大きいことが明らかになった.