損失媒質における幾何光学―一様平面波近似―

徳丸 仁  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J77-B2   No.12   pp.788-795
発行日: 1994/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 論文
専門分野: アンテナ,伝搬
キーワード: 
損失媒質,  幾何光学,  円偏波,  ポインチングベクトル,  交差ポインチングベクトル,  フェルマーの原理,  

本文: PDF(441.3KB)>>
論文を購入




あらまし: 
無損失媒質での従来の光線理論を,界の円偏波分解をも含めて,損失性の少しある不均質媒質に拡張している.この理論拡張のために,まず,複素アイコナールを導入し,次に,エネルギー関係を表す物理量として,絶対値ポインチング束を新しく導入している.そのうえで,損失媒質中の波動伝搬を局所的な一様平面波と仮定し,複楚アイコナール,絶対値ポインチング束から,波面法線を定義し,絶対値ポインチング光線を新しく定義した.そして,この絶対値光線の振幅を求め,更にこの光線がフェルマーの原理を満足することも示した.