マルチビーム衛星を用いたFDMAシステムにおけるキャリヤ周波数の最適割当

中村 元  水池 健  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J77-B2   No.12   pp.756-766
発行日: 1994/12/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 論文
専門分野: 衛星通信
キーワード: 
周波数割当,  並列処理,  分枝限定法,  トランスピュータ,  最適化,  

本文: PDF(739.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
衛星通信の発展に伴い,マルチビーム衛星のように複雑な構成の衛星が使用され,一方で経済性も求められるようになった今日,効率的な運用プランに対する要求はこれまでになく高まっている.このような状況に鑑み,本論文ではマルチビーム衛星におけるFDMAの運用プランの最適決定を目的として,新たなキャリヤ周波数の最適割当モデルを提案する.この周波数割当モデルは,混変調雑音と同一チャネル干渉を同時に考慮し,各キャリヤについて双方の雑音電力の和を最小化する.線スペクトルでは近似できない占有帯域幅の大きい変調キャリヤに対して,混変調雑音と同一チャネル干渉を同時に評価しつつ周波数割当の最適化を図るモデルはこれまでに例がない.これは,組合せの数が膨大であり,また混変調雑音の評価に伴う計算量が多いためである.提案する手法は,並列処理を導入し,計算処理を加速することにより最適解を求めることを試みる.本論文では,提案手法の計算能力を評価し,適用結果による伝送特性の改善度を検討することにより,その有効性を明らかにする.