SS通信方式における複数パス選択型ダイバーシチ受信方式

守山 栄松  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J77-B2   No.11   pp.599-607
発行日: 1994/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1877
論文種別: 特集論文 (スペクトル拡散無線通信技術特集)
専門分野: 
キーワード: 
陸上移動通信,  遅延広がり,  選択ダイバーシチ,  パスダイバーシチ,  スペクトル拡散通信方式,  

本文: PDF(600.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
スペクトル拡散方式を陸上移動通信方式に適用する研究が近年活発となっている.スペクトル拡散方式の一種である直接拡散方式では,マルチパス遅延波を各パスごとに分離し,ダイバーシチ合成を行う,いわゆるパスダイバーシチ受信方式により特性の改善が期待できる.一般にダイバーシチ方式ではブランチ数が多いほど特性が向上するが,受信機を実現する上ではブランチ数は少ないことが望ましい.そこで本論文では,パスダイバーシチ受信機のモデルとして,M本のブランチから瞬時SN比の大きい順にn本を選択し,最大比合成する受信機を考え,n=2の場合の特性解析を行った.その結果,M=4の場合,n=4とn=2で特性に大きな差がないことがわかった.また,平均電力遅延プロファイルが指数モデルおよび方形モデル下において,n=2の本方式をパスダイバーシチに適用したときの実効枝数を示すと共に,方形モデルで1次変調方式にBPSKおよびFSKを用いた場合の平均誤り率の理論値を明らかにした.