HDTV用サブバンドDPCM符号化装置とその特性

入江 一成  奥村 康行  桜井 尚也  岸本 了造  

誌名
電子情報通信学会論文誌 B   Vol.J77-B1   No.4   pp.227-236
発行日: 1994/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1885
論文種別: 論文
専門分野: 通信方式,通信伝送機器
キーワード: 
HDTV,  符号化,  サブバンド,  映像伝送,  

本文: PDF(856.1KB)>>
論文を購入




あらまし: 
HDTV信号をディジタル伝送するためには,高能率かつ高品質な符号化方式が必要である.本論文は,サブバンドDPCM符号化方式の適用による新たに開発した600 Mbit/sおよび300 Mbit/sで動作する符号化装置の構成と,実際のHDTV信号を用いて多段接続時の特性を含む各種の符号化特性を評価した結果を述べている.無ひずみ符号化の実現に有効なサブバンドフィルタの構成と適応DPCMを用いた符号化方式構成の概要を述べると共に,符号化レートおよび伝送フォーマットをB-ISDNのSDH(Synchronous Digital Hierarchy)構造によるネットワークインタフェースに準拠するよう設計した符号化装置の具体的構成法を明らかにしている.また,実際のHDTV映像信号を用いた無ひずみ伝送特性および主観品質評価結果より,600 Mbit/sでは大部分の映像信号を無ひずみで伝送可能であること,300 Mbit/sにおいても高品質な映像伝送を実現できることを示している.更に,多段接続時の品質評価結果についても明らかにした.