誘導m形弾性表面波フィルタバンク

三須 幸一郎  永塚 勉  木村 友則  和高 修三  武田 文雄  橋本 勉  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J77-A   No.9   pp.1199-1205
発行日: 1994/09/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: 超音波
キーワード: 
弾性表面波フィルタ,  フィルタバンク,  誘導m形回路,  帯域外減衰量,  

本文: PDF(536.8KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文は,誘導m形SAW(Surface Acoustic Wave: 弾性表面波)フィルタバンクを提案し,その解析結果と試作結果について述べたものである.SAWフィルタバンクの一構成法として従来知られている定k形SAWフィルタバンクでは,SAWフィルタのスプリアスのために,帯域外特性が劣化する問題点があった.誘導m形SAWフィルタバンクでは,定k形SAWフィルタバンクの直列要素であるインダクタの代わりに,インダクタとコンデンサの並列回路を用い,並列回路の共振によって生じる減衰極をSAWフィルタのスプリアスが生じる周波数に設定することにより,定k形SAWフィルタバンクよりも大きな帯域外減衰量を実現することができる.10チャネルSAWフィルタバンクの試作を行い,誘導m形SAWフィルタバンクの有効性を確認した.