双1次複素伝達関数の回路実現とその応用

強瀬 敬司  品田 雄治  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J77-A   No.8   pp.1186-1188
発行日: 1994/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
複素伝達関数,  能動フィルタ,  電子回路,  

本文: PDF(143.5KB)>>
論文を購入




あらまし: 
一般に複素係数フィルタを用いると,設計の自由度の増大,係数感度の低減が期待できるが,その回路実現は困難であった.本論文は双1次複素伝達関数を容易に実現する回路を提案する.任意の複素伝達関数は双1次複素伝達関数の積に分解し,提案した回路を各々に構成し,これらを縦続接続することにより回路実現することができる.