2入力2元加算通信路の2–復合可能符号対

時 建軍  渡辺 陽一郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J77-A    No.7    pp.974-981
発行日: 1994/07/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: 情報理論,符号理論
キーワード: 
多重接続通信路,  関連グラフ,  誤り検出,  最大独立集合,  線形符号,  

本文: PDF(506.6KB)>>
論文を購入



あらまし: 
多重接続通信路のモデルである2入力2元加算通信路に対する2–復号可能符号対(C,S)の構成法について述べる.第2の符号Sを第1の符号Cの2次関連グラフの独立集合として,(C,S)が構成される.符号Cを特定の線形符号に限定すると,2次関連グラフの独立数の下界を評価することができる.いくつかの符号対の構成例では,下界は独立数に一致する.