分母分離形2次元状態空間ディジタルフィルタの低次元分解に基づくブロック並列処理アーキテクチャ

岩田 靖  川又 政征  樋口 龍雄  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J77-A   No.4   pp.635-643
発行日: 1994/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: ディジタル信号処理
キーワード: 
分母分離形2次元状態空間ディジタルフィルタ,  低次元分解,  高並列アルゴリズム,  ブロック並列処理,  VLSI実現,  

本文: PDF(617.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では分母分離形2次元状態空間ディジタルフィルタの高並列アルゴリズムをその低次元分解に基づき導出する.本並列アルゴリズムでは,画像をある大きさのブロックに分割し,そのブロック内の画素間において状態変数の更新を抑止することにより,ブロック内のすべての画素を並列に処理することが可能な高並列アルゴリズムとなっている.本並列処理アルゴリズムでは,ブロック長Lに関して,1画像を処理するために必要な積和演算回数は1/Lに比例する.更に,本並列アルゴリズムを高並列に実現するブロックプロセッサのアーキテクチャを示し,そのVLSI実現について定量的に評価する.その結果,ブロックプロセッサのブロック長を8とすることにより1台のブロックプロセッサで25万ゲート規模のVLSIチップに集積化することができ,このブロックプロセッサを66台用いることにより超高精画像を毎秒60枚の速度で実時間処理することが可能となることを示す.