'Delayed-E/X' NLMS法において推奨されるステップゲインの範囲

藤井 健作  大賀 寿郎  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J77-A   No.4   pp.616-625
発行日: 1994/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: ディジタル信号処理
キーワード: 
ダブルトーク,  巡回型フィルタ表現,  ステップゲイン,  学習同定法,  安定条件,  

本文: PDF(631KB)>>
論文を購入




あらまし: 
学習同定法に遅延Dを与えて適応フィルタ係数を更新するとき,ダブルトークの発生から適応フィルタ係数が乱れるまでにD標本化周期の時間的余裕が生まれる.従って,この遅延時間の間にダブルトークを検出し,その係数の更新を休止する処理を実行する構成とすれば,ダブルトークによるエコー消去量の減少は完全に防止される.本論文では,この遅延Dを挿入した学習同定法を'Delayed-E/X' NLMS法と呼び,その応用に際して推奨されるステップゲインの範囲をそのD+1次巡回型フィルタ表現を用いて導出した.すなわち,その遅延Dが適応フィルタのタップ数Iの約1/4以上となる場合において収束条件の上限はKuI/(2D+1),となること,また,収束を最も高速化するステップゲインK0は-a+(a2+1)1/2と近似されること(但し,aD/I)を同表現から導き,K0Kuとなることを示した.この結果,K0KKuの範囲において収束が遅く,推定誤差も多いことが明らかとなり,'Delayed-E/X' NLMS法においては0<KK0がステップゲインの選択範囲として推奨されることがわかった.