ハイブリッド領域近似を利用する2次元FIRフィルタの設計

朱 介眉  浜田 望  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J77-A   No.4   pp.607-615
発行日: 1994/04/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: ディジタル信号処理
キーワード: 
FIRフィルタ,  フィルタ設計法,  周波数サンプリング法,  ミニマックス近似法,  ハイブリッド領域,  

本文: PDF(563.2KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文では,空間変数と周波数変数が混合するハイブリッド領域を用いた2次元(2-D)零位相FIRディジタルフィルタの設計法を提案したものである.2次元周波数平面における振幅特性仕様に対し,1次元FIRフィルタの近似法を2段階に分けて利用することで所望特性を近似している.まず,一つの周波数変数に関するミニマックス近似によって,ハイブリッド領域での近似係数が得られる.次に,もう一方の変数について周波数サンプリング法,あるいは,不整合チェビシェフ近似法によりフィルタ係数が得られる.更に設計された2次元フィルタの誤差分布を評価し,誤差の大きさが周波数領域でばらつく場合には,より良好な近似となるように再設計する方法を提案している.本方法は2次元フィルタ係数の計算を1次元のものに分解しているので,設計は簡単である.また,フィルタの通過域と阻止域のリプルの大きさ,および,それらの割合がある程度自由に設定できるなどの利点がある.