雑音の影響を考慮した共役こう配法によるブロック適応アルゴリズムの一提案とその性能評価

福本 昌弘  久保田 一  辻井 重男  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J77-A   No.1   pp.16-23
発行日: 1994/01/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: 論文
専門分野: ディジタル信号処理
キーワード: 
ブロック適応アルゴリズム,  共役こう配法,  雑音,  繰返し回数,  

本文: PDF(529.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
ブロック直交射影アルゴリズムは,雑音のない影響では非常に優れた収束特性を示すが,雑音が存在する場合には収束速度と収束精度を両立することは困難であった.本論文では,ブロック直交射影アルゴリズムの一実現法である共役こう配法を適用したブロック直交射影アルゴリズムの収束値の評価を行い,このアルゴリズムの繰返し回数が収束値を決める主な要因の一つとなることを示している.次に,誤差解析の結果を用い,ブロック直交射影アルゴリズムの高速性を犠牲にすることなく雑音の影響を低減するための最適な繰返し回数を導出し,共役こう配法を適用したブロック直交射影アルゴリズムに基づくブロック適応アルゴリズムを提案している.最後に,計算機シミュレーションにより,提案した手法は雑音が存在するときにも良好な収束特性を得られることを確認している.更に,ブロック直交射影アルゴリズムに比べて演算量が大幅に軽減されることを示している.