ケプストラムによるMA過程のスペクトル因数分解について

岡田 清  

誌名
電子情報通信学会論文誌 A   Vol.J77-A   No.11   pp.1615-1617
発行日: 1994/11/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0913-5707
論文種別: レター
専門分野: 
キーワード: 
スペクトル因数分解,  ケプストラム,  移動平均モデル,  共分散,  最小位相,  

本文: PDF(156.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
スペクトル因数分解とは,共分散から,次数qの移動平均モデルMAq)の(q+1)個のパラメータを求める問題である.この問題で決定論的に解を求めることのできないq5の場合に対して,ケプストラムを用いた新しいスペクトル因数分解の方法を提案する.