3次元ディジタル画像処理による胸部連続CT像からの肺がん候補領域の自動抽出

長谷川 純一  森 健策  鳥脇 純一郎  安野 泰史  片田 和廣  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J76-D2    No.8    pp.1587-1594
発行日: 1993/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 特集論文 (コンピュータビジョンとコンピュータグラフィックス論文特集)
専門分野: 画像処理
キーワード: 
3次元画像処理,  胸部連続CT像,  肺がん病巣,  計算機支援診断,  

本文: PDF(745.2KB)>>
論文を購入



あらまし: 
本論文では,スライス間隔1mmで撮影された高精度連続胸部CT像から3次元画像処理を用いて肺がん候補領域を自動抽出する試みについて述べる.ここでは,限局性の異常陰影(SR)を対象とし,3次元形状特徴の違いに基づいてそれらを他の陰影(主に血管影)と識別する手順を開発した.実際の処理手順は大きく二つのステップ:(1)肺野領域の切出し,および,(2)SR抽出,からなる.本論文では,これらの処理をしきい値処理;3次元図形融合(または,3次元距離変換),3次元スケルトン化などの基本手法を組み合わせた比較的簡単な手順で実現し,実際の肺がん症例を用いてその有効性を示す.本研究は,3次元画像処理の有効性を実用上十分な精度の3次元CT像で検証した最初の試みとして,その意義は大きい.