動き情報に基づくエッジセグメントの最適分割

顧 海松  浅田 稔  白井 良明  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J76-D2   No.8   pp.1544-1553
発行日: 1993/08/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 特集論文 (コンピュータビジョンとコンピュータグラフィックス論文特集)
専門分野: 動画像処理
キーワード: 
動画像の運動記述,  分割,  最ゆう推定,  時空間こう配,  MDL原理,  

本文: PDF(636.9KB)>>
論文を購入




あらまし: 
複数運動部位を含む動画像の解析では,各運動部位への分割とそれらの運動パラメータの推定という相互に強く関連した二つの問題を解決しなければならない.本論文では,この二つの問題をMDL原理に基づいて同時に解決する方法を提案する.すなわち,フレーム間の運動を定義し,これによって,シーン全体の運動記述を最小化することにより,動画像の最適な分割と各運動部位の運動モデルを同時に得る.本手法は,これまで提案されてきたオプティカルフローに基づく方法と異なり,エッジセグメント近傍の時空間こう配情報を直接利用する.まず,各エッジセグメントに対する最適な運動モデルを選択し,次に,エッジセグメントの運動記述長を減少させながら,エッジセグメントを分割する.最後に,併合処理と併合されたエッジセグメントリストに対する分割処理を繰り返しながら,シーン全体の運動記述長を最小化する.最小値が求められた時点で,各運動部位に属するエッジセグメントを併合して,それぞれの運動パラメータの最ゆう推定量を求める.本手法を人体時系列画像に適用し,その有効性を示す.