部分整合法の出力へのベクトル連続DP適用による文スポッティング型連続音声認識

岡 隆一  

誌名
電子情報通信学会論文誌 D   Vol.J76-D2   No.5   pp.921-931
発行日: 1993/05/25
Online ISSN: 
DOI: 
Print ISSN: 0915-1923
論文種別: 論文
専門分野: 音声処理
キーワード: 
音声認識,  スポッティング,  並列処理,  対話理解,  

本文: PDF(787.4KB)>>
論文を購入




あらまし: 
本論文は文スポッティングに基づく不特定話者を対象とした連続音声認識系を提案する.系は,(1)3連続音素片標準パターンの作成,(2)音素片のネットワークによる文集合の記述,(3)「部分整合法」と「ベクトル連続DP」による文スポッティングの三つの部分からなる.OPEN話者10名が各人11文,計110文(平均単語分岐数4.1,単語数113のタスク)を発声した文スポッティング認識実験で,文認識率76.4%(文中の単語認識率94.5%)を得ている.この系は3連続音素片標準パターンを492種類のバランス単語セットのみで作り,連続音声による学習を行っていない.系は波形分析から文スポッティング出力まで完全にフレーム同期となっている.